会社概要

会社名 株式会社キッズコーポレーション
創業 1993年12月1日
資本金 3,000万円
従業員 1,523名(2018年4月現在)
役員 代表取締役 大塚 雅一
取締役 釜野 晋史
取締役 米村 雅孝
監査役 菊地 重人
社外監査役 堂場 学

事業所

本社オフィス

本社オフィス
所在地 〒321-0963
栃木県宇都宮市南大通り2-6-1 KIDS 1ST BLD
TEL 028-638-7010
FAX 028-638-7020

東京オフィス

所在地

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館12F

TEL 03-6206-9280
FAX 03-6206-9290

札幌オフィス

所在地

〒060-0907
北海道札幌市東区北7条東3-15-30 SKY-OFFICE 1F

仙台オフィス

所在地

〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央4-10-3 仙台キャピタルタワー17F

水戸オフィス

所在地

〒310-0011
茨城県水戸市三の丸1-4-73 水戸三井ビルディング910号室

高崎オフィス

所在地

〒370-0849
群馬県高崎市八島町70番地 ラ・メルセ2F

富山オフィス

所在地

〒930-0003
富山県富山市桜町1-7-17 ラ・トゥール6F

大阪オフィス

所在地

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-23-15 セントアーバンビル505号室

福岡オフィス

所在地

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1
福岡朝日ビル2F

事業内容

病院内保育園の運営受託
病院内保育園の運営受託

病院スタッフがよりスムーズに医療・看護業務が行えるよう、病院スケジュールやスタッフのシフトなどに対して柔軟な保育プログラムを提案し、保育施設のデザイン・遊具の提案、さらにコストパフォーマンスの向上や保育スタッフの確保等、保育施設の運営までをトータルプロデュースいたします。

病院内保育園の運営受託
企業内保育園の運営受託

仕事と子育ての両立を支援する最も効果の高い取り組みである企業内保育施設を、それぞれ企業様の事業形態に合わせてご提案いたします。職員の方々は会社の貴重な財産です。保育の専門家が集まって創業したキッズコーポレーションだからこそ出来る、充実した保育内容をご提供し、職員の方が安心してお子さまを預けていただける環境を作ります。

病院内保育園の運営受託
認可保育事業の運営

仕事と子育ての両立を支援する最も効果の高い取り組みである企業内保育施設を、それぞれ企業様の事業形態に合わせてご提案いたします。職員の方々は会社の貴重な財産です。保育の専門家が集まって創業したキッズコーポレーションだからこそ出来る、充実した保育内容をご提供し、職員の方が安心してお子さまを預けていただける環境を作ります。

病院内保育園の運営受託
商業施設内保育の運営受託

集客アップに向けた保育施設のご提案をいたします。保護者様が安心してお子さまを預けることができるように、商業施設に沿った保育プログラムを提案し、運営をいたします。専門スタッフによる保育 施 設のデザイン・遊具の選択はもちろんのこと、最大限の費用対効果のお手伝いをいたします。

病院内保育園の運営受託
保育事業のコンサルティング

保育事業に携わりたいが、どのように始めればよいかわからないという企業、団体向けにサポートをしています。ヒアリングにて要望をお聞きし、長年の保育事業で培ったノウハウを元に具体的提案を的確に行います。

加盟団体

CSRの取組み

ピンクリボンうつのみや(乳がん検診啓発活動)に協賛しています

サンプル画像

女性の明るい未来のため、乳がんの早期発見・早期治療を呼びかけているピンクリボン活動に応援しています。
宇都宮市で「全国初の乳がん検診受診率50%」という目標を目指し、乳がん検診についての正しい知識を社内外に広く伝える活動を推進していきます。

オレンジリボンキャンペーン
(児童虐待防止)キャンペーンに
協賛しています

サンプル画像

子どもたちの笑顔と明るい未来を守るために、このキャンペーン趣旨に賛同し、息の長い運動として取り組みます。

福祉・ボランティア活動の一種としてエコキャップ、使用済み切手を収集しています

本社・支社オフィスはじめ全国の保育園にて、福祉・ボランティア活動の一種としてエコキャップと使用済み切手を収集しています。
キャップは、本社があります栃木県宇都宮市「社会福祉協議会」へお届け、その後エコキャップ推進協会より認定NPO「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付され、国連ユニセフを通じて世界の子どもたちにワクチンが届きます。
切手は、非営利団体MAKE A WISH OF JAPANによる世界中の難病と闘っている子どもたちのためのボランティア活動に役立てられます。

東日本大震災現地での震災支援
ボランティア活動を行っています

サンプル画像

震災2日後より、宮城県への支援物資運搬開始。
その後も地元各メディアを利用しての救援物資呼び掛け、企業家ネットワーク組織の賛同等のご協力の元、定期的に救援物資を運び続けました。
その他、震災支援隊とちぎのボランティア活動に参加、宮城県被災地仮設住宅各所での炊き出し、救援物資配布、保育活動を行いました。

「東北未来創造」へ賛同しています

サンプル画像

東北大学地域イノベーションと東北ニュービジネス協議会が運営母体となり、創造と自立への挑戦が、被災地の大きなテーマと掲げられている下記団体に賛同させていただいています。

献血サポーターに参加しています

サンプル画像

社会貢献をめざし、日本赤十字社血液事業本部が総括する「献血サポーター」に参加しています。
献血活動のさらなる普及・啓発を支援し、社会に貢献してまいりたいと思います。

就労支援アースライン合同会社様
業務委託

サンプル画像

障がいを持っている方の、仕事を通じ自立して生活することを支援している「就労支援事業所アクション」を運営されているアースライン合同会社様へ、業務の一部を委託しております。