企業理念

子どもの教育を通して、

未来を育み、社会に貢献する

「子ども」という概念は19世紀、ヴィクトリア朝の英国で生まれたと言われています。
それまでの子どもは「小さなおとな」として扱われ、無理なしつけに悩まされていました。
子どもは一人ひとり成長が違い、各々の発達に合わせた育て方が必要ですが、
当時はほとんど知られていませんでした。

 

『ピーター・パン』の著作で知られるジェイムズ・バリーは、当時の英国では先駆的な作家でした。

 

「子どもが元気で大人になれるよう、なにより子どもが最優先」であると述べ、
可愛がっていた友人の子どもたちのために、
子どもを主人公にした物語『ピーター・パン』を語り聞かせ、後に小説として出版したのです。

 

私たちキッズコーポレーションは、バリーの言葉を実践する保育施設を増やしたいと考えており、
バリーの言葉である「KIDS FIRST」を保育理念として取り入れています。
1991年に欧米のシッティングサービスを導入し、
一歩進んだマザー&チャイルドケアシステム導入して以来培ってきた、
子どもに寄り添う自由な保育メソッドを活かして、
子ども一人ひとりを大切に育てる保育施設を運営しております。

真に子どものことを考えた保育、
それは子供の個性や発達を理解し一人ひとりの子どもに寄り添う保育です。

 

お「子」様の「個」を常に尊重し、未来に羽ばたく子どもたちを育てたい。
私たちの保育の考え方です。

これら3つが
私たちの理念です。

保育方針

  • 個の尊重
  • 心の育成
  • 知の育成
  • 生きる力

保育目標

  • 主体性
  • 自立性
  • 自律性
  • 創造性
  • 想像力
  • 社会性
  • 好奇心
  • 自己肯定感