病院内保育園の運営委託

出産後も仕事を続けられる環境をつくる

全医師数に占める女性医師の割合は増加傾向にあります。
一方で医師や看護師の不足が問題となっています。
女性医師や看護師が日々仕事を続けていくのは患者さんやご家族、そして何よりも自分自身のためです。
しかし女性医師の約2割は育児や出産のために仕事を退職しています。
看護師にいたっては4割にも上っているという事実があります。
重要なのは女性医師や看護師が育児や出産のために退職することがないような環境整備を行うことです。
株式会社キッズコーポレーションでは女性医師や看護師の方々が出産後も安心して働けるように保育施設を設置して環境を整え、病院様のより良い環境づくりをお手伝いいたします。

導入のメリット

収益性の高い病院へ

看護師の配置基準を増やし、収益性の高い病院にしませんか?
看護師の配置基準は、診療報酬の入院基本料と連動しています。入院基本料は病院が医療保険からもらう診療報酬のうち、医師の診察や看護サービスなどに対して支払われるお金のことで、看護師の人数が多く、手厚い看護を提供できる病院ほど高い報酬を得られる仕組みになっています。
たとえば、患者さん1人が一般病棟に1日入院した場合、「7対1」の病院が得られる入院基本料は15,550円です。それに対し、看護師の少ない「15対1」の病院は9,340円で、その差は6,210円もあります(右側のグラフ参照)。また当社では女性医師のお子さまをお預かりしている院内保育園が数多くあります。医師の偉業収益は1人平均1億円と言われますので1億円以上の収益アップにもつながります。

その1
離職率の低下

看護師の人数が多いほどよりよい労働環境を作ることができ、離職率が下がります。

《入院基本料別看護職員離職率》
グラフ

※日本看護協会
「2010年病院における看護職員受給状況調査」結果より

その2
運営委託費の柔軟性(固定費から変動費へ)

”ジャストインタイムシステム”を導入し、
必要な時に必要な人数だけを配置します。

その4
怪我やクレームへの対応

総合補償制度によりお子さまの怪我に
対処、賠償をいたします。
また、クレーム相談窓口を設けておりますのでご安心ください。

その3
専門性の向上(質の高い保育スタッフ)

保育研修はもちろん衛生管理、食育、救急救命研修まで幅広い教育体制が構築されています。

その5
労務管理業務などの削減

スタッフ採用から藤堂管理、さらには労働保険管理手続きまで多岐にわたる業務の大幅削減が可能です。

その他、行政による認可外保育施設監査も当社が責任を持って対応いたします!

導入事例
導入事例その1

運営事例

保育園は職場環境や地域によって違うため、個性があります。
新築する園やマンションを利用して開設する園、病院施設の一角を利用する園など様々です。
実際に運営いただいている保育園をご紹介いたします。

導入事例その2

保育園の1日

キッズコーポレーションは「託児」ではなくしっかりとした質の高い「保育」「教育」が行えるようなデイリープログラムがあります。発達段階に合わせ、一人ひとりに寄り添う保育を行う事で、お子さまには健やかな成長を、また保護者様に安心して就労に励んでいただいております。

お客様の声

クライアント様の声

当社に運営委託いただいているクライアント様の声をご紹介いたします。
保育園を開設した経緯と実際に運営した感想をいただきました。

  • お母さんも気持ちを切り替えて
    仕事に専念できる保育園。
    医療法人 利靖会
    理事 前原友美様

    院内保育所トコトコが開園して、間もなく半年を迎えようとしています。当初の私どもの予想を超える人数の子ども達が入園し、園内は毎日にぎやかな声で溢れています。
    私自身も、自分の子どもをトコトコにお願いしている母親のひとりです。…

  • 子どもたちと保護者の信頼を
    得ているのが何よりの証です。
    介護老人保健施設 キュア北崎
    施設長 前原順子様

    私どもの法人は45年前に愛知県豊明市に有床診療所を開設し、地域医療に取り組んでまいりましたが、2年前、隣の大府市に120床の介護老人保健施設と19床の有床診療所を開設することになりました。…

保護者さまの声

これまで私たちが歩んだ20年以上の運営し、たくさんの感謝の言葉をいただきました。
実際に保育園に届いた保護者様からのお手紙をご紹介いたします。

運営委託システム
運営委託システムイメージ

※お客様とのご契約により費用負担は変化いたします。図はご参考例としてご覧ください。

キッズコーポレーションの運営委託システムをご紹介いたします。保育料はお客様が料金を設定し、保育料はお客様にお渡しいたします。
私どもは保育園の運営委託の規模(お子さま・保育士数)と運営形態(開園日、開園時間)に応じて委託費用をご請求させていただきます。
また保育園で働く保育スタッフ等は地元で採用いたします。

実績について
実績についてイメージ

当社に委託いただいた病院様の実績です。お客様は優秀な人材の確保や人材の流出、出産退職等を防ぐ目的から院内保育施設を設置いただきました。運営を開始し、お預けいただく保護者様(看護師)の信頼を得ながら利用者人数が徐々に増加。4年目には運営当初より2倍近くのご利用者(看護師)数に急激に増加しました。
当社の保育施設は、ただお預かりしてお返しするのではなく、「院内保育施設のあり方」を常に考えております。医師・看護師・病院職員の皆様の業務特性をどう理解し「イキイキと安心して仕事と子育ての両立ができる保育施設」と成り得るか、また保護者の皆様の気持ちをしっかりと受け止める事ができるか、これらの点が院内保育施設の使命と考えて運営を行っております。

開園までの流れ
  • お客様のご要望によりお電話にてのヒアリングもしくは各種資料を郵送いたします。

  • ご希望により当社スタッフがお客様のもとへ訪問し、詳細なご要望・構想をお伺いいたします。

  • ヒアリングした内容を基にお客様に最適なプランとお見積りを当社よりご提案いたします。

  • ご提案したプラン・お見積りにご納得頂けましたら書面にてご契約の手続きを行います。

  • 開設に向けての準備(間取り・保育内容など)具体的な内容に着手して参ります。

  • 備品の準備、助成金に関する手続き・保育スタッフの確保・入園のしおりやポスターなどの各種ツール作成など、オープンまでに必要な準備をいたします。

  • オープンを控え保護者様向けに保育施設の説明会を開催し、入園に関する疑問・質問等へもお応えいたします。

  • いよいよ保育施設オープンとなります。オープン後も定期的に現場と連携し、常にクオリティの向上を目指しながら保育施設を運営して参ります。

※準備期間等の諸事情により、スケジュールが前後または短縮する場合もございます。

従業員/女性医師や看護師のための保育園をつくりませんか?新たな助成金制度で認可施設並みの助成が受けられます!
企業主導型保育事業がはじまります。
※開始時期は未定ですが、まもなくはじまります
従業員の多様な働き方に対応できる。
地域の会社が共同でつくることができる。
  • 働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できます。
    (延長・夜間、土日の保育、短時間・週2日のみの利用も可能)
  • 複数の企業が共同で設置することができます。
  • 他企業との共同利用や地域住民の子供の受け入れができます。
  • 運営費・整備費について、認可施設並みの助成が受けられます。
  • 運営費(定員12人[乳児3人、1、2歳児9人]、東京都特別区、11時間開所、保育士比率50%の場合)
    基本額:約2,600万円(年額)
    各種加算:延長保育、病児保育、夜間保育など(実施に応じて加算)
  • 設備費(定員30人、東京都、新設Dの場合)※既存施設の改修にも補助があります。
    基本額:約8,000万円
    各種加算:病児保育スペース、一時預かりスペースなど(実施に応じて加算)
助成金の可能性 & 補助率がアップ
旧制度 新制度
対象 0~2歳児 0~未就学児
定員 6名~ 6名~
要件 ・自園調理(連携施設からの搬入可)
・職員配置1名加配
・地域のお子様の受入れ
・3歳以上のお子様の連携施設が必要
・お子様6割以上の充足率
・お子様の利用制限あり
・助成金の受給期間は最長5年
・お子様の利用制限あり
・一般事業主であること
下記1~3のいずれかに該当すること
1, 従業員向けに新たに保育施設を設置する場合
2, 既存施設で新たに定員を増やす場合
3, 既存施設の空き要因を他企業向けに活用する場合

※このほかにも要件あります

home サービス案内 病院内保育園の運営委託

  • 病院内保育園の運営委託
  • 企業内保育園の運営委託
  • 保育施設を委託するメリットについて
  • サービス案内設置までの流れ
  • 保育について
  • 導入事例
  • 会社案内
  • ご相談・お問い合わせ